やはり〇曜日だった!学校や会社に一番行きたくなくなる曜日とは??

こんにちは!!

超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

今回は「学校や会社に行きたくなくなる曜日って、一体何曜日なの?」というお話です。

    

心理学には「生理的覚醒による優勢反応の強化」という言葉があります。

生理的覚醒というのは、簡単に言うと「気合を入れること」です。

     

そして、「優勢反応」は、そのままです。

優勢な反応、つまり、より強い反応です!

      

例えば、「沖縄行きたい!!」は『行きたい』が優勢反応になります。

一方、

「学校や会社に行きたくない、、、」は『行きたくない』が優勢反応です。

     

つまり、強い方の気持ちのことです。

    

『生理的覚醒の優勢反応の強化』とは

「気合を入れると強い方の気持ちがより強まる」ということです。

   

好きなことはより好きに嫌いなことはより嫌いになるのです。

人間は心の底からやりたいことをやるときに気合を入れると

「よっしゃ!やるぞ!!」と強い気持ちになります。

    

しかし、望んでいないことだと

「学校いくぜー!!」、、、「やっぱり行きたくない」となるわけです。

実際に、大型連休明けや、週明けにメンタルクリニックに通う人は多いそうです。

「休んだんだし、頑張らないと!!」と気合を入れるとかえって行きたくないと思ってしますのです。

    

     

ブルーマンデーとか、サザエさん症候群なんて言葉もありますよね。

なので、一番学校や会社に行きたくなくなる曜日は月曜日なのです!

「フリー素材 月曜日」の画像検索結果

    

なので、仕事しないととか、学校で勉強しないとなどと思わずに

「とりあえず、電車乗るか」とか

「とりあえず、友達に会うか」と考えるのがいいでしょう!

     

学習でも同じことが言えます。

勉強しよう!!と思ってもなかなかできない場合は

「とりあえず、英単語を音読しよう」とか「数学のドリルを一問だけやろう」と始めてみましょう。

   

やる気というのは起きるものではありません。

やりだすと勝手に起きてくるのです。

    

いわゆる作業興奮というものです。

思いつめて「100%の力でやらないと」と思わなくても大丈夫です!

「とりあえず、ちょっとだけ」が大きな成果を生むことになります。

     

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA