ゴールデンウィーク暇な人へ! 1日10冊本を読む男のオススメ小説ベスト10

こんにちは!!

超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

「フリー素材」の画像検索結果

    

今回はゴールデンウイーク、、、

めっちゃ暇、、、

    

って方にお勧めの記事です。

    

超偏見!!

お勧め小説、ベスト10です!!!!!

    

     

さあ、レッツゴー!!

      

『そして五人がいなくなる』/はやみねかおる

     

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)
 

本て面白いって思える本です。

名探偵、夢水清志郎の大人が読んでも面白い児童文学。

       

はやみねかおるは小学校の先生で、

「どうやったら本を面白いと思ってもらえるか」と考え続けた末にできた作品です。

つまらないはずがない!

 

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

     

   

       

『こころ』/夏目漱石

 

こころ (新潮文庫)

ほとんどの人は高校の時国語の授業で読んだのではないでしょうか。

     

もう一度、先生の過去を聞いてみては?

先生とKとお嬢さん、、時代を超えて読み継がれる夏目漱石の最高傑作!!


こころ (新潮文庫)

      

        

『一九八四年』/ジョージ・オーウェル



一九八四年
新訳版      

住民の前行動が監視されている架空の社会の物語。


独裁者の意にそぐわない行動は絶対に取ってはいけないと言う恐ろしい社会を描いた名作です。

架空の社会のわりに、なぜかリアリティーがあるものでした。    

     

全てが監視された社会。

そう遠くない気がして。


一九八四年
新訳版

      

     

『人間椅子』/江戸川乱歩



人間椅子
     

    

ザ変態ミステリー小説!!

      

小説家の私に届いた手紙の内容は!?

なんと、椅子になった人間から届いた手紙!?

      


天才ミステリー小説作家が描くラストを見逃すな!!

       

読んでいる最中なんだか複雑な気持ちになります(笑)


人間椅子

     

     

『富美子の足』/谷崎潤一郎



谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)
     

変態小説!

谷崎潤一郎の脚に対する美意識を感じ取れ!

これであなたも脚フェチになるかも?笑

      

谷崎のフェティシズム・ワールドに突入してみては?

そして、あなたはTanizaki・ワールドにのめり込むでしょう。

    

  

谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)

     

      

『アルジャーノンに花束を』/ダニエル・キイス


アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

32歳になっても幼児並みの知能しかないチャーリイ・ゴードン。

アルジャーノンと呼ばれる白ネズミにチャーリイは親近感を抱いてくる!

そして、天才になったチャーリイの人生は好転したのか?

     

全世界が涙した不朽の名作!!

        


アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

     

     

『ドタバタ移住夫婦の沖縄なんくる日和』/仲村清司

     

 



ドタバタ移住夫婦の沖縄なんくる日和 (幻冬舎文庫)

      

山梨県出身の妻に「沖縄に住まなきゃ即離婚」と脅迫されて沖縄に無計画で移住。

きれいな小説をお望みの方は読まなくても良いです。

小説と言うよりエッセイに近い。

       

       

自分が沖縄に住んでいるかのような感覚になる。

擬似沖縄生活を体験できます!

    

沖縄ってなんで暑いのに熱い沖縄そばを食べるんだろう

冷やし中華とかないのかな。



ドタバタ移住夫婦の沖縄なんくる日和 (幻冬舎文庫)  
           

       

     

『恋する伊勢物語』/俵万智



恋する伊勢物語 (ちくま文庫)
      

      

人の恋愛は何千年も変わらない。

      

古文なんて嫌い、、、と思わないでください!

    

古文の解説というより、エッセイであり、俵万智の恋愛観を語ったものに近いです。

稀代のプレイボーイ、在原業平の恋愛を楽しんでください!


恋する伊勢物語 (ちくま文庫)

       

     

『夜明けの街で』/東野圭吾



夜明けの街で (角川文庫)

不倫する奴は馬鹿なのか?

恋愛と殺人事件、渡部が愛した秋葉は実は父親を殺していた?

      

渡部は殺人犯をずっと好きでいれるのか?

     

サザンオールスターズのLove Affairが聴こえてくる。そんな小説です。

  

 

夜明けの街で (角川文庫)
  

     

    

『夏休みの拡大図』/小島達矢


夏休みの拡大図

      

引っ越しの準備をしながら3人の同級生が学生時代の思い出を振り返りる。


過去に起こった不思議な出来事や小さな事件の謎を一つひとつ解き明かしていきます。

     

そしてこの物語の大きな秘密とは?


最後まで読めば、何かがわかる。

あなたの中の、何かが変わる。


夏休みの拡大図

     

    

さて、いかがでしたか?

完全に独断と偏見と好みで選びました(笑)

     

楽しんでくれたら幸いです!

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA