このままだと子どもが危険!!中年で寝たきり状態になるかも?

こんにちは!!

超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

          

「骨折 フリー素材」の画像検索結果

         

         

1980年以降、子どもの体力は落ちてきています。

          

しかし、1990年代に入ってその体力の低下が大人になっても影響していることがわかりました。

       

体力が低下したまま大人になると、今の大人たちが健康のために必死に鍛えている以上の努力をしなければなりません。

       

          

そして老化がどんどん早くなってしまいます。

        

日本は長寿の国で有名ですが2000年からは平均寿命ではなく、

「日常的・継続的な医療・介護に依存しないで生活できる健康寿命」という考え方が出てきました。

         

「筋トレ フリー素材」の画像検索結果

       

      


2016年、厚生労働省の調査では、

日本人男性の平均寿命は80.98歳
男性の健康寿命は72.14歳
女性の平均寿命は87.14歳
女性の健康寿命は74.79歳

         

健康寿命と平均寿命の差は男性で約8年、女性で約12年です。

        

つまり、男女平均して10年は寝たきりや要介護状態なのです!

      

      

これが今の子どもはもっと早くなり中年くらいから衰え始め、長い余生を寝たきりで生活することになります。

     

「すぐに寝そべって、背中が曲がっている子」
「縄跳びしていたら骨折する子ども」
「まっすぐ走れない子ども」
「太っている子ども」

       

体力が落ちた理由はすぐにわかります。

      

        

携帯ゲームやテレビゲームです!!

       

昔は泥だらけになり、傷だらけで遊んでいましたが今は危険な遊具は撤去されています。

             

昔の子どもは生活しているときに十分な体力をつけていたのです!

なので、外で目いっぱい遊びましょう!!

      

骨折しにくい身体にもなります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA