専門家が解説!新テストで英語の「四技能」を測定するのは不平等??

こんにちは!

超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

        

今回は前回に引き続き、2020年度の入試改革についてです!

今回は英語編です。

        

2020年度に英語の勉強はどう変わるのか。
四技能についても解説していきます。

         

          

新テストでは記述式の問題の採用に加えて、民間の力を借りつつ英語力を四技能フルで測る改革が行われます。

       

        

以下は河合塾のサイトからの引用です。

          

新入試では、英語を「話す」「書く」技能まで測定する民間の資格・検定試験を受検することになります。

その対象となるのは、次の8つの資格・検定試験です。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 ※3級以上、ただし従来型を除く
・GTEC(ジーテック)
・IELTS(アイエルツ)
・TEAP(ティープ)
・TEAP CBT(ティープ シービーティー)
・TOEFL(R) iBT(トフル アイビーティー)
・TOEIC(R) L&R+TOEIC(R) S&W(トイック エルアンドアール/トイック エスアンドダブリュー) ※L&Rは「聞く・読む」、S&Wは「話す・書く」

の試験資格・検定試験の利用は、受験生があらかじめ「大学入学共通テスト用に、この試験を受ける」と意思表示をします。
成績は2回分が登録でき、大学入試センターが管理します。
資格・検定試験は、それぞれ目的が違うため評価基準も異なります。

そこで異なる資格・検定試験を比較するものさしとして、語学コミュニケーション能力を評価する国際指標CEFR(セファール)が採用されます。

各資格・検定試験のスコアで英語の熟達度を同一の基準で判断することになります。

CEFRはヨーロッパなどで、外国語の能力レベルを示す方法として広く使われていて、CEFRに準拠した資格・検定試験は、スコアに応じてA1・A2・B1・B2・C1・C2と6つの共通参照レベルが示されています。

新入試では、受けた資格・検定試験のスコアとCEFRの6段階のレベルが、大学入試センターから各大学へ提供されることになります。

「検定試験 フリー素材」の画像検索結果

       

      

簡単にいうと、英語四技能を国際的な評価でして、大学入試に反映させようというお話です。

          
         

しかし、作家で元外務省主任分析官の佐藤優さんは、池上彰さんとの対話で

     

「話す」「書く」技能の「話す」はいらなかった。と語っています。

        

その理由は
・英語の能力は和文英訳、英文和訳で測れる
・バイリンガル環境にいた一部の受験生が圧倒的有利になる
とのことでした。

        

         

試験の内容を変えたことにより、受験生に不平等が生じてしまったのです。

      

帰国子女なら英語話せますしね。

       

さらに、親の資力や都市部かどうかなどももしかしたら関係してくる可能性もあります。

        

英会話スクールに通えた方が有利ですからね。

最近はネットで安くて通信でできる英会話もあるから、一概には言えないですけど。

     

      

そして、一番気になるのはその四技能を教えられる教師がいるのかという問題です。

先生によって教える力が変わってくるなどがあれば、英語格差はもっと広がる可能性もあります。

         

また、中途半端に話せてもあまり意味はありません。

       

道案内を英語でできても、ビジネスには使えませんし、自己紹介ができても、そのあとの話が続かなければ意味がありません。

          

         

結論としては

語学力って教養がつくにしたがって成長するのだと思います。

          

「中身のある内容を多くの人に伝えるため英語が話したい」という気持ちがあれば自然とモチベーションが高まると思います。

         

そのようなモチベーションの上げ方ができたら最高ですね。

「good フリー素材」の画像検索結果


      

ありがとうございました。!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA