塾代はいくら?塾代の費用に見合ったリターンが得られていますか?

こんにちは!!
超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

 

 

今回のテーマは珍しく「お金」です。

 

日本ほどお金の教育が進んでいない国も珍しいですが、
それに加えて、日本人のお金に関する知識の低さ、いわゆる「マネーリテラシーの低さ」も問題です。

 

今回は「投資に合ったリターンが返ってきているのかのかどうか」を塾や習い事を例にお話しします!

 

あなたは塾に通っていますか?(塾に通わせているお子さんがいますか?)

 

さらにもう一つ質問します。

 

300万円あったら何に使いますか?

 

さて、何が大体想像できますよね。

 

中学受験用の進学塾代は小4から小6まで3年間で、長期休暇の補習や模擬試験などを合わせると、約300万円かかると言われています。

 

 

うん、高い。(笑)
「お金 フリー」の画像検索結果

 

親は子どものことを思って塾に行かせています。
しかし、多くの子どもが希望の学校に入学できる保証はありませんし、入学できたとして学校になじめなくて、不登校になることも少なくありません。

 

もちろん、それはあくまでも一つの例ですが

 

つまり何が言いたいのかというと
多額の投資をしたとしても、残念ながらその努力が無駄になっているケースがとても多いということです。

 

そのため、塾や習い事に一点集中に投資することはとてもリスクが多いのです。

 

もちろん塾に通うこともメリットあります。
それは否定しません。

 

しかし、そのお金に見合ったリターンが返ってきているかどうかを冷静に判断するべきなのです。

 

これは高校生も同じです。
ほとんどの親は「勉強が全てじゃない」と言います。
しかし、自分の子どものことになると高い偏差値の大学や企業への就職させようとします。
受験をうまく乗り切ることに労力を注ぎがちです。

 

教育とはなにかと聞かれたら「子どもが将来、社会の中で生きていくようにすること」だと思います。

 

なのに偏差値の高い学校や良い企業に就職先を求めてしまってます。
僕もブログで何度も大学の肩書きは意味ないと言ってます!

 

「手段」と「目的」が変わっているのです。
いい大学、良い就職先は「手段」にしか過ぎません。

 

多額のお金を投資していい大学に入ったからといって良い人生になるとは限りません。

 

しかし、どんな大学に入ったとしても「お金の勉強」は必ずしておくべきだと思います。
毎月5万円程度、塾や習い事にお金が使われているなら、1万円でもいいのでお金に関する勉強をしてみましょう!!

 

お金の本を買って読むのでもいいし、「ジュニアNISA」をやるのも一つの手です。

 

「将来役に立つかわからない塾代」と「将来絶対に役に立つお金の勉強」

 

あなたはどちらを選びますか??

 

 

僕は「中学生からはじめるお金の授業」というnoteを書いています。
読んでみたい!!という方は連絡ください!!
無料で提供します!

 

ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA