【勉強法】図の多いテキストは理解しにくい?わかったと思い込むファインマン効果とは?【心理学】

こんにちは!
超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

 

今回も【勉強法】についてのお話をします!

 

早速ですが、ファインマンという人をご存知ですか?

 

 

20世紀を代表する天才物理学者です!

 

コーネル大学やカルフォルニア工科大学で教授をしていた彼の講義はとてもわかりやすく、面白いと評判でした!!

 

中学生や高校生のときのことを思い出してください。

 

先生の授業はめちゃくちゃ面白いし、わかりやすい!!って思ってたわりにテストで点数が取れなかった。

なんて科目がありませんでしたか??

 

ファインマンの講義もめちゃくちゃわかりやすいのですが、実際にテストをしてみると、ほとんどの学生が点数を取れなかったのです。

これを「ファインマン効果」といい、「知った気になったけど、実際は理解していない状態」のことをいいます。

 

そして、そのファインマン効果が出てしまうテキストが「図の多いテキスト」です。

 

一見、図などがあると理解しやすくなると思われがちですが、

実際は、図や色のインパクトで「理解した気分」になってしまっているだけの可能性があります。

 

勉強に限らず、「理解している」と思い込むことは危険です。

常に自分の理解度を客観的に把握しておくことが大事でしょう!!

以上!!

今日の記事が「役に立った」と思った方は、いいね&シェアをよろしくお願いいたします!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA