【デカルト】すべてを疑え【哲学思想】

こんにちは!

超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

 

今回は「哲学」のお話です。

 

デカルトは「全てを疑え」と言ってます。

私たちは『常識』と呼ばれるものを疑いなく信じています。

 

しかし、それは本当に当たり前のこととして終えていいのだろうか。

 

デカルトは「全てを疑う」ことで、不確実なものを確実にしていこうと説きました。

 

全てを疑って最後に残るもの。

 

それが「疑っている自分」。

 

つまり、「我思う、ゆえに我あり」なのです。

 

あなたは常識をいくつ疑えますか?

学校・仕事・家族・プライベート。。。

 

全てを疑うことで本当の自分が見つかります。

 

何かに悩んでいる方は、ぜひお試しください!!

 

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA