【英会話】日本人が英語を話せない意外な理由【勉強法】

こんにちは!

超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

 

今回は

【なぜ、日本人は英語が話せないのか】というお話です。

 

余談ですが

TOEFLのテストで、スピーキングテストに限ってみると日本人はアジアの中でも毎年ビリらしいです。

 

では何故、日本人は英語を話せないのか??

答えは意外なところにあります。

 

それは就職です。

 

日本の企業は国内の市場が大きく、国内向けのビジネスだけでやっていけます。

なので、就職して英語を使う機会がないのです。

 

しかし、海外の企業は国内の市場が小さいです。

国内向けのビジネスだけではやっていける企業が少ないので、必然的に海外の人も視野にいれないといけません。

 

その結果、お金を稼ぐために英語を勉強する必要があるのです。

 

日本人が英語を話せない理由が就職にあったんですね!!

 

ちなみに面白い話があったので、追加でお話します!

 

日本人はやたら完璧にこだわります。

英語の発音も間違ったら笑われるかもという意識からなかなか喋れません。

 

RとLの発音の違いを気にする人がいますが、

レストランで【Rice】ライスを【Lice】シラミと発音しても

「シラミを下さい」と解釈する店員など、アメリカや世界にはいないのです!

確かにな。と思いました!

 

英語が話せるようになるとコミュニケーションの幅が広がるので面白いですよー!!

 

今回はここまで!

いつも記事を読んでいただきありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA