【超効率的勉強法】苦手意識が勉強のパフォーマンスを下げる【衝撃】

こんにちは!
超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

 

 

今回は「○○な教科に対して苦手意識がある」と思うだけで、勉強へのモチベーションが下がり成績が実際に下がるという衝撃的な研究をご紹介します!

 

ある研究によると

「女性は数学が苦手」と偏見のある教師が授業を聴いている生徒ほど、顕著に成績が悪かったのです!!

「苦手 フリー素材」の画像検索結果

「自分は数学ができないんだ」という苦手意識が女子生徒に植え付けられ、勉強へのモチベーションが下がり、成績が落ちてしまったのです!

これはすごい損害ですね。

 

逆に「自分は数学ができる」と思っている人は

苦手でも粘り強く最後まで課題に取り組んだのです!

これは実際に数学ができない人がやっても同じだったのです!

 

思い込みがパフォーマンスを高めるんですね!

 

では、苦手意識がある人はどう克服したらいいのか?

簡単です!

 

その教科で成功した体験を口に出す、もしくは紙に書くことです。

 

苦手な科目でも一度は成功した体験はあると思います!

それを思い出して口に出すだけで、苦手意識はなくなっていきます!

 

誰にでもできる苦手意識対策ですので、ぜひやってみてください!

 

この記事を読んで「役に立った」と思った方は、いいね&シェアをよろしくお願いいたします!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA