子どもを操ろうとするクズ親‖学校・塾で働いた私が語る実際にいた毒親

バカ

こんにちは!
超効率的勉強法アドバイザーの中山裕貴です!!

 

 

今回は

【酷すぎる!子どもの未来を潰す最低な毒親】

を紹介します!

 

僕は教師と塾の教室長を合わせて、5年ほどやりました。

その中で「こいつ本当にクズだな」と思った毒親の行動を3つ紹介します!

 

毒親①

子どもに対してバカと言い続ける毒親

 

バカ

 

「うちの子はほんとバカで、、、」

「バカだから成績も伸びないし」

と常に自分の子どもに対して「バカ」と言い続ける毒親。

 

話を聞いてるこっちが不愉快になるわ💢

と思わせられる毒親でした。

 

「この子はバカだから」と言われると、「自分はバカだから、何しても無駄だ」と思うようになり、より勉強に対するモチベーションが下がります。

 

だから、間違っても自分の子どもに対して「バカ」とか「頭悪い」とか言ってはいけないのです!

 

そんなことも知らないのかな?

あのバカは?

 

そして、その毒親は更にやってはいけないことをしました。

 

それは、【他人との比較】です。

『姉と兄は国公立大学に受かったのよ、でもこの子は、私立さえいけないでしょ?』

とすら言ってきます。

 

『兄と姉は国公立大学に受かった』が口癖のクズ親(毒親)でした。

こんな親に育てられたくないですね。

 

毒親②

子どもがやりたいと言ってる職業を全否定する毒親

 

毒親

 

 

〜三者面談中〜

僕「どの学部行きたいの?」

生徒「教育系がいいなと思ってる」

毒親「辞めなさい。薬剤師を目指しなさい」

生徒「薬剤師はそんな興味ないよ」

毒親「安定してるから薬剤師になりなさい」

僕「薬剤師、薬剤師行ってますが、なんで薬剤師なんですか?」

毒親「私が薬剤師なんですよ。安定した仕事なんです。それに、結婚したあとも薬剤師なら仕事続けられるから、薬剤師になりなさい」

生徒「・・・」

僕「(なんだこいつ、きめぇ)」

 

自分の仕事が一番と言い張るクズ親でした!

子どもの将来を勝手に操ろうとする最低の毒親ですね!

 

The 代表作みたいな毒親でした!

 

 

毒親③

「金はあるから、成績を上げてくれ」が口癖の毒親

 

金

 

塾は課金ゲームです。

 

お金をかければかけるほど有利になります。

しかし、100%合格するわけでもないし、成績が上がるわけでもありません。

 

小学生なら、ある程度お金と時間をかければある程度の成績は伸びます。

 

しかし、全く伸びない子もいます。

その子らの特徴はなんでしょうか??

 

それは、勉強以外に多大な興味があることです。

 

子どもの興味を惹きつけようと思ったら、かなりのエネルギーが必要になります。

 

しかし、親(バカ親)は成績が上がらない=勉強時間が足りない→勉強時間を増やすという安易な考え方に至ります。

 

なので、授業の回数を増やしてくださいなどの要求をしてきます。

 

授業の回数を増やすと料金も高くなります。

しかし、その毒親は

「金ならいくらでも払うから、成績を上げてくれ」

この一点張り。

 

金ではどうしようもならないことがあることを知らないのか?

一番近くで子どもを見てるくせに、勉強に対する子どもの意識を見抜けてないのか?

 

あなたの子、勉強より興味持ってることが沢山あります。

今は勉強以外のことを楽しむ期間にして上げてください。

と言いたいが、塾もバカなのでとりあえず授業の回数を増やすで話は終わりましたが、、、

金で成績が上がらないことを知らない毒親。

そして、金があればなんでもできると思いこんでいるバカ親。

 

天然記念物だな(笑)

 

いかがでしたか?

 

僕が遭遇したバカ親・毒親・クズ親ベスト3でした!!

 

僕と同じ20代で、子どもを生む人は毒親にならないようにしてください😉

 

この記事を読んで「役に立った」と思った方は、いいね&シェアをよろしくお願いいたします!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA