AMAZONから学ぶ、ジェフ・ベゾス直伝の「伝え方の技術」

みなさん、こんにちは!!

中山裕貴です!!

 

YouTubeも始めてます😉

チャンネル登録お願いします!!

https://www.youtube.com/channel/UCPbt1fTbYEOj8ykrPIhEGfg

 

こんな人に読んでほしい

・自分の言いたいことがうまく伝わらない

・プレゼンを成功させたい

・商談をうまく進めたい

・面白い人と思われたい

 

 

稀代のストーリーテラー「ジェフ・ベゾス」

「ジェフベゾス」の画像検索結果

創業者にしてCEOのジェフ・ベゾスはアマゾンの特徴をストーリーで伝えるのが非常に得意な人でした。

アマゾンがここまで広まった理由を「ジェフ・ベゾスの伝え方」から解析していこう!

8つの特徴を押さえていきましょう!!


アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割

今回はこちらの本を参考にしています!

特徴① 「ある場面」を具体的に語る

彼は、人生を左右するほど大きな決断を迫られる局面を、頭でイメージできるほど具体的に話します。

話のうまい人の特徴ですよね。「ビジョン」が見えるというのは。

 

 

特徴② 例え話を頻繁に使用する

ジェフ・ベゾスの最大の特徴とも言ってよいでしょう。

「例え話」

なれ合いや妥協を戒めるために「3mと2m50㎝の間をとって2m75㎝にしてないか」とか、

アマゾンプライムの定額サービスの説明では、「決まった金額でなんでも食べれる方が嬉しいでしょ?」と言ったりします。

 

こんな話も残っています。ビジネスの成功の話で

「ホームランを狙ってバットを振ることはできる。もちろん、三振のリスクもありますが。しかし、野球とビジネスの違いが分かりますか?野球はホームランで最大で4点しか入らないが、ビジネスなら1000点入ることもある。だからこそ、ビジネスでは大胆にバットを振るべきなのです。」

 

これすごい好き(笑)

大胆に攻めたい人への𠮟咤激励の言葉ですね!

 

特徴③ 伝えたいポイントを絞る

「短くシンプルに話す」これが鉄則とジェフ・ベゾスは語ります。

アマゾンの顧客中心の軸は3つです。

「品揃え」「利便性」「低価格」

 

この三つでアマゾンってわかりますよね。

 


アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割

 

特徴④ お客様に関係ない話はしない

ジェフ・ベゾスはアマゾンに関すること以外話しません。

他店がどうとか、数字がどうとか、自社に関係ないことは一切話しません。

 

なぜなら、アマゾンを利用している人には関係ないからです。

数字や情報で信頼関係は築けるが、それは一時的に過ぎず、長期的に信頼してもらうなら他社と比較した数字などを伝える必要がないのです。

 

特徴⑤ 不明瞭な数字は出さない

「不明瞭な数字は出さない」

これもジェフ・ベゾスが徹底したことです。

例えば「年内に新しい情報が出る見込みです」ばどの曖昧なことも言いませんでした。

 

期待させておいて、がっかりさせるということは絶対にないようにしてるのが、ジェフ・ベゾスなのです!

 

 

特徴⑥ 時間を感じさせる話をする

「過去」、「今」、「未来」

聞く人すべてに時間的な想像をさせるのがとても得意でした。

こんな話をしています。

 

「2000年にバブルがはじけ、株価が40ドルから2ドルなったとき、僕は投資という種を蒔き続けていたのだ」(過去)

「今、成功しているのは、そのときにきちんと種を蒔き、しっかりと水をやっていたからなんだ」(今)

「今、しっかり種を蒔き水をやれば、イノベーションは必ず起きる」(未来)

 

これは社員に語られたもので、「今の成功は過去のイノベーションがあってのことだ」という教訓になっています。

 

 

特徴⑦ 潔い

ジェフ・ベゾスは言い訳を嫌います。なぜなら、ウソや隠ぺいは信頼をなくすと知っているからです。

なので、AMAZON側に非があるとわかったら、ジェフ・ベゾスはすぐに謝罪します。

 

『動物農場』と『1984』を権利の関係で突然kindleから削除された時も、返金はしたが、批判が出ました。

 

「我々の責任であり、この解決策は『愚策』であった。批判されても仕方ない。このみミスを教訓にし、これからはよりよい決定を下す」と書き込みました。

 

特徴⑧ しつこいくらい何度も同じ話をする

ジェフ・ベゾスの伝え方最大の特徴は「何度も何度も同じ話をする」です。

 

しかし、ただ繰り返すだけではなく

・同じ相手に、同じことを何度も伝える

・相手が変わっても、言葉を選びつつ、同じことを伝える

ことをしています。

 

インタビューでは

「顧客」「顧客主義」「顧客中心」「顧客が決める」・・・

インタビュアーもここまで顧客という言葉を聞いたのは初めてだったといいます。

 

まとめ

いかがでしたか?

ジェフ・ベゾスに学ぶ伝え方の流儀

今日から使える技ばかりですね!

GAFAの中でもここまで「伝える」ことに重きを置いている会社はないのではないでしょうか。

特徴① 「ある場面」を具体的に語る

特徴② たとえ話を頻繁に使用する

特徴③ 伝えたいポイントを絞る

特徴④ お客様に関係ない話はしない

特徴⑤ 不明瞭な数字は出さない

特徴⑥ 時間を感じさせる話をする

特徴⑦ 潔い

特徴⑧ しつこいくらい何度も同じ話をする

 

 
アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA