朝起きるのがきつい、、、夜型の生活リズムを直す方法!

alarm

朝起きれません。

朝がきついです。

 

睡眠に悩みを抱えている人は多いです。

 

厚労省の睡眠に関する調査では、5人に1人が自分は不眠がちだと感じ、10人に1人は、長期間にわたって不眠に悩まされていると報告されています。そして3人に1人くらいは、過去に不眠で悩んだ時期があると報告されています。統計上の数字なのでこれはあくまでも目安ですが、眠れないことで悩んでいる人は多く、「不眠症」はけしてめずらしくないことがわかります。不眠症は、「十分な睡眠が取れず、生活や心身に何らかの支障を及ぼしている状態」です。

 

Nakayama

睡眠に悩む人は多いですよね。今回は朝起きれない人のための知識と、おすすめの睡眠グッズをご紹介します

 

夜型の生活リズムを続けていくうちに体内時計はズレていってしまいます。

 

そのズレを調整するには体内に「セロトニン」をためることが大切です。
セロトニンは睡眠やストレスコントロール、集中力に深く関与する神経伝達物質です。

セロトニンを増やす行動

「セロトニン」の画像検索結果

セロトニンを増やす行動は

・青魚や卵、鶏肉を食べる。
・起きて日光を30分ほど浴びる
・軽度な運動(散歩など)
・「笑う」「泣く」などの感情をもたらすアイテムを持っておく
・名分を音読する

 

これらの行動でセロトニンは高まります。

 

特に冬はセロトニン不足になりがちなのです。これは季節性感情障害と呼ばれ「冬うつ」などと呼ばれています。また女性のセロトニンは男性より少なくかつ減りやすいという性質があります。

男性よりもとくに女性はセロトニンを積極的に分泌して高めていきましょう!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA