教育のプロは何をすすめる?子供におすすめする「人生をイージーモードにする」習い事20選

「子供の習い事」と聞くと何を思い浮かべますか?

水泳やピアノ、書道・そろばんといった定番のものから、塾や公文などの勉強系、最近ではダンスやバレエなんかも流行っています。

 

そこで疑問が出てくると思います。

 

「我が子には一体どんな習い事が良いのだろうか?」

「どんな習い事が子供に合うだろうか?」

 

最近は一人っ子も多く、勉強や習い事にお金をかけるケースも増えてきています。しかし、本人の相性もあるし、どんな習い事がいいか悩んでるママも多いです。

 

この記事では、2019年の子供の習い事ランキングを紹介します。人気の習い事が一目でわかります。

 

しかし、世のお母さま。その習い事って本当に意味あるの?という点についても考えていきたいと思います。

 

今、時代が物凄い速さで変化しているのはお分かりだと思います。今やっている習い事が将来全く役に立たないとしたらどう思いますか?

私は元教師、元塾の教室長を務めていて、現在は教育や新しい生き方を研究し発信しています。

そこで感じたことは「塾」なんて行かなくてよい。ということです。もっとやるべき勉強は存在するということです。

 

2019年の子供の習い事ランキングを紹介した後に、新時代を生き抜くスキルが身につく習い事を紹介します。

 

どの習い事が正しいとかではありませんが、こんな習い事もあるんだということを知っていただけたらと思います。

 

2019年、子供の習い事ランキング(費用一覧)

同率9位 ダンス

合計費用:29,500〜58,000円

同率9位 リトミック・音楽教室

合計:11,000円〜18,000円

第8位 そろばん

合計:12,000円〜21,000円

第7位 くもん

月謝:(幼児小学生)7,560円(中学生)8,640円(高校生以上)9,720円

第6位 習字

合計:4,000円程度

第5位 体育・体操

合計:15,000円

第4位 学習塾

合計:106,000〜235,000円(特別講座代は抜いてます)

第3位 ピアノ

合計:130,000〜342,000円

第2位 英語・英会話

合計:37,000〜59,000円

第1位 スイミング

合計:15,000円〜2,2000円

 

さて、これが今までの習い事ランキングです。塾とか公文などは好きで行っている子もいれば、嫌々言っている子もいることでしょう。しかし、これからの習い事は違います。自分の好きを習い事にできるのです。

 

では、令和時代の習い事ランキングはどうなっているのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう!!

 

2020年におすすめする習い事ランキング

「子ども フリー」の画像検索結果

 

第1位 プログラミング

 

今までネットワークに繋がっていたのはスマホやPCなどの限られた端末のみでしたが、今後は、あらゆる商品やサービスがすべてネットワーク上で繋がる時代になっていきます。

その“ネットワーク”を繋げている言語こそがプログラミングなのです。

構造や仕組みに対する知識が大事なのはもちろんのこと、英語と異なり時代とともに常に変化していくプログラミング言語を、単に覚えるのではなく、その「考え方」を学ぶことが非常に重要といえます。いわゆる論理的な思考を身につけることができます。

 

21世紀、必須の教養と言われている英語とプログラミング。

 

プログラミングができると時給5000円なんて当たり前です。月給80万円も可能です。

 

これからの時代、重要度がますます高まる英語、プログラミング、ロボットに関することを学ばせることをお勧めします。

 

小学生、中学生におすすめなプログラミング講座一覧(随時更新)

 






 

「英語×プログラミング」の重要性をぜひ感じてください!

 

第2位 ピアノ・楽器

楽器をやった方がいい理由はたくさんあるのですが、「子供たちが楽器を演奏するのを勧める10の理由とは?」という記事を引用させていただきます。

1.記憶力を向上させる
2.忍耐力を教え、達成感を創造する
3.調整を改善する
4.数学のスキルを向上させる
5.読解力と理解力を向上させる
6.責任を創造する
7.文化と歴史を学べる
8.自己表現を育む
9.リスニングスキルを向上させる
10.社会的スキルを向上させる

第3位 作文

え?作文??

「読書感想文を書く」とか、小学生が一番嫌いな宿題なのに??

 

と思ったお母さま方。よく考えてください。読書感想文って「書かされています」よね?

自発的に書いていませんよね。どんなことにも当てはまりますが、受け身では楽しくありません。

 

しかし、今は「Webライター」という稼げるジャンルの職業も出てきています。

例えば、アニメが好きな人がアニメを見まくって、それに対して感想を書く、考察を書くなどでも稼げます。

 

会社に属さない働き方をしたいという人におすすめです。

有名な小説家などもそうですが、良い文章を書く人は「希少性」があります。唯一無二の存在になれます。2020年以降の必須スキルだと思います。

 

小学生・中学生におすすめな作文講座一覧(随時更新)

 



 

最後に

 

いかがでしたか?

2020年、令和時代を生き抜くのに必須のスキル3つでした。

習い事は多すぎると子どもの負担になります。なので、子どもが本当に楽しんで学べることを習わしてほしいなと思います。そのうえで、将来も役立つスキルが身に付けば最高ですよね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA