右脳は直感的で、左脳は論理的?実は科学的根拠がない件

みなさん、こんにちは!!

中山裕貴です!

 

今回は人間の脳についてお話します。

右脳と左脳の真実とは?

 

ちなみに、
YouTubeも始めましたので、よろしくお願いいたします。

yuki avatar

(画像クリックでYouTube画面に移動します)

 

右脳と左脳

「脳」の画像検索結果

巷でよく言われる「右脳は直感的で大まか、芸術やクリエイティブな発想が得意。左脳は論理的で緻密で言語や数字記号に強い」なんてことを聞いたことはありませんか?

 

結論から言うと、かなり胡散臭いです。

 

もちろん、右脳と左脳である程度の役割分担をしていることは確かです。

声を出す部分は左脳に偏るし、空間認知は右脳に偏ります。

 

しかし、「右脳は直感的で大まか、芸術やクリエイティブな発想が得意。左脳は論理的で緻密で言語や数字記号に強い」という科学的根拠は専門書や論文をみても出てこないのです。

 

なぜ、この研究の結果がでないのか。

なぜなら、この右脳や左脳の働きを調べることがかなり難しいからです。

 

右脳だけを使って、直感力を調べる実験をしなければいけませんが、実際不可能なことが多いです。

 

まず、直感って何?という部分もあります。

人は必ず過去の経験をもとに直感を働かせます。だから、どこまで直感で右脳を使っているのかがわからないのです。

そもそも直感だけを使うことがあるのかということ。

 

つまり、「右脳は直感的で大まか、芸術やクリエイティブな発想が得意。左脳は論理的で緻密で言語や数字記号に強い」という考え方は、わかりやすいだけで科学的に立証しにくいのです。

 

しかし、血液型占いと同じで「おおよそこんな感じだよね」というわかりやすいコンセプトがあるため、一般人に受けが良く、マスコミ受けもします。

本を売る場合も売りやすいですよね。

 

 

しかし、信頼できる科学的根拠がないことは理解しておかないといけないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA