給料はもらうな。

給料は「もらうもの」ではなく「稼ぐもの」です

「稼ぐ フリー素材」の画像検索結果

 

トヨタ自動車の豊田章男社長の終身雇用に関する発言が話題を呼んでいる。13日の日本自動車工業会の会長会見で「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べた。

 

日本最大手のトヨタ自動車の豊田社長が「終身雇用」の限界について述べたのは今年5月の話です。

また、加えて日本経団連の中西会長が終身雇用について「制度疲労を起こしている」と発表しました。これらの意見は似ているようで多少異なるが、「終身雇用」が当たり前ではないという現実を知った方は衝撃を受けたと思います。

 

とくに学生は驚いたことでしょう。就活もどうするか考え直さなければなりません。

 

 

こうした話題からもわかるように、「大企業=安定」という概念は終わりを迎えようとしています。

僕が以前書いた内容とも被るのでリンクを貼っておきます。

 

理想の『シェアライフ』

 

「大企業信仰」は崩壊しました。もはや幻想です。

平成から令和へと時代が変化し、これまでの「当たり前」が「当たり前」ではなくなっているのです。

 

事実、昨今では日本の経済的躍進を支えてきた大手企業が大規模なリストラを敢行しています。終身雇用を信じて就職し、会社の指示に従い続けた社員がある日突然リストラ。。。

 

ここにどんな問題がありますか??

給料がなくなる。だけじゃないんです。

 

彼らは長い期間、会社に在籍し平均よりは高い年収をもらっていました。しかし、そのブランドがなくなったらあなたにどれぐらいの価値がありますか?

 

まさに僕がそうでした。会社を辞めた瞬間、肩書が一気になくなり、自分の発することに信用がついてきませんでした。「○○会社の中山さん」という肩書はとても影響力がありました。しかし、それが無くなった瞬間、0からスタートすることになりました。

なので、会社のブランドと彼ら自身の市場価値は別問題だということに、気づかされました。

 

そんな状態に人が、仮にリストラにあったとして、いざ他の会社に移ろうと思っても厳しい転職活動を強いられるでしょう。

 

時代の波に乗れる人が勝てる時代

 

時代の変化に伴い、企業だけでなく個人にも変化が求められています。

あたりまえに対して疑問を抱くことができていますか??

 

働き方や教育、子育てなど全てにおいて正解ががなくなって現代社会を生き抜くにはどうすべきか。

その答えは「個人で稼ぐ力」を持つことです。

 

「安定」=「企業への依存」ではありません。

 

安定とは「個人で稼ぐ力」です。

 

会社にキャリアを用意してもらうとか、給料は貰うものという従来の考え方は捨てて、キャリアを自分で取りに行く練習を自分であげに行く服を通じて自分でお金を稼ぐと言った感持ち方を考えることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA