家計簿で人生好転!?セルフ・モニタリング能力を高める方法。

街中でだれかが笑ったら「ん?なんか俺バカにされた?ダサい格好だと思われたかな?」と思ってしまったことはありませんか?

もしくは、異性と仲良く話してて「これは俺・私のこと絶対好きだな」と思ったことは?

 

冷静に考えれば「街中で笑われる」なんてことはめったにないし、そもそもあなたにそんなに関心ないです。あなたが好きかどうかもわかりません。

 

ではなぜこのように感じてしまうのでしょうか??

 

結論からいうとこれらは、客観性の欠如からくるものです。
ギャンブルで破綻する人、ダイエットに失敗する人。このような人も同じです。

「自暴自棄 フリー」の画像検索結果

 

セルフモニタリングとは?

「モニタリング フリー」の画像検索結果

心理学に「セルフモニタリング」という言葉があります。
「セルフモニタリング」とは、その名の通り自分の行動や思考・感情などを自ら観察し記録していくことです。

認知行動療法や行動療法で用いられるマネジメント技法で、自分の行動や活動を記録することで目的の行動を強化したりモチベーションを上げる効果があります。

自分の行動や思考・感情などを自ら観察し記録することで、客観的に自分を見ることができ、人間関係、仕事などでストレスを感じた時に、ストレスに振り回されなくなります。

 

この認知行動療法などの世界でよく知られる手法は、昔からメンタル面の改善に大きな効果があると認められてきました。

 

家計簿をつけるだけで客観性が育つ

「家計簿 フリー」の画像検索結果

自分の行動や思考・感情などを自ら観察し記録していくこと

と聞くと、難しそうに聞こえるかもしれません。しかし、セルフモニタリングはめちゃくちゃ簡単で、誰もが一度は行ったことあります。

最も代表的なのは家計簿です。

使ったお金と入って来たお金をノートやアプリにつける支出入管理法で、現在でも家計簿を使っている人は大勢いるでしょう。自分の行動を記録するという点では家計簿も立派なセルフモニタリングの一つです。誰もが使う定番のテクニックですが、家計簿にはお金の出入りをつかむ以外にも大きなメリットがあります。

マッコーリー大学の調査によると、自分の収支をしっかり管理している人は、概してセルフコントロール能力が高い傾向があったのです。家計簿のおかげで衝動買いが減っただけではなく、ダイエットや仕事などの人生のあらゆる場面で欲望に負けず、ゴールを達成する確率が高くなったのです。

 

届いたら

これにはしっかりと理由があります。

家計簿をつける行為が、脳の興奮を鎮める働きがあるからだと研究者はいいます。私たちの脳は、新しいものを買うときには「報酬系」と呼ばれるエリアが活性化し、ドーパミンなどのホルモンを分泌します。そのおかげで全身にやる気が溢れ活気に満ちたような気分になります。

これはもちろん、人間のモチベーションを高める大事な機能なのですが、一方、デメリットを持ち合わせています。

目の前の商品があたかも実際よりもいいものであるかのように錯覚してしまうのです。そして、そのワクワクが浪費の原因になってしまいます。

 

こんな経験がありませんか?

ネットで購入ボタンをクリックした瞬間、喜びがマックスでいたのに、商品が届いたら全くテンションが上がらなかった。。。むしろ忘れてた。

 

これが起こるのも、無駄に脳が興奮していたせいなのです。

 

ところが家計簿をつけると、買い物する時に脳の理性的な機能を司るエリアが「あれ?こんなものお金払ってる場合じゃなかった」と気づき、興奮してきた報酬系のエリアにもっと落ち着くようと指示を出します。

 

この作業を繰り返すうちに少しずつ報酬系が冷静に態度を改めて、人生のあらゆる場面でも客観性を持てるようになるのです。

 

最後に

「 フリー」の画像検索結果

 

一昔前、「レコーディング・ダイエット」というものが流行りました。記録することで、無自覚だった食べすぎや栄養の偏りなど太る原因が見えていき、それを改善することで、身体に負担なく痩せられる」というものです。

何を食べたか自分で把握していない「自覚のなさ」が問題だったのです。家計簿をつけることで客観性が鍛えられ、結果ダイエットに成功したということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA