自虐ネタはモテるのか?

こんにちは!

中山裕貴です!!

 

YouTubeも始めてますので、チャンネル登録お願いします!!

 

さて、今回は自虐ネタと恋愛についてお話したいなと思います。

 

自虐ネタというと

「給料が少ない」

「不細工」

「太っている」

「モテない」

などなどありますよね!

 

 

「僕って不細工だから、、、」と言われて、変な空気になった経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

その自虐ネタですが、恋愛に応用できるのかというお話です。

 

 

面白い研究結果をご紹介します。

 

クールでかっこいい人が自虐ネタを言った場合

普通の人が自虐ネタを言った場合で好感度にどれだけ差があるのかを調べました。

 

その結果、なんと!

 

クールでかっこいい人が自虐ネタを言った場合は好感度が高まり、

普通の人が自虐ネタを言った場合は評価が下がったのです。

 

なんともイケメン有利な結果が出ました(笑)

 

一方女性の面白い研究もあります。

 

女性がヒッチハイクをする際に

 

「東京まで」

と書いた紙を持った場合と

「東京まで😉」

と顔文字を入れて書いた紙を持った場合でどれだけ差が出るかの実験を行いました。

 

 

その結果、顔文字を使った時のほうがはるかに乗せてくれる確率が減ってしまったのです。

 

しかし、男性は顔文字を使った方が乗せてくれる確率が高くなったのです。

 

面白いですねー(笑)

 

女性のユーモアはマイナスに働いてしまうということです。

 

いかがでしたか?

今回の自虐ネタに関するお話でした。

 

かっこいい人は自虐ネタをうまく使おうということです!

 

ぜひ、良い恋愛をしてください!

ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA