あなたは才能がありますか?努力が苦にならないことがある人が生き残ります。

才能がある人になるには?

仕事で結果を出す人、成長するひと

仕事で結果が出ない人、成長しない人

 

この二人の違いはなんでしょうか?

 

才能の違いですか?

 

いいえ、違います。

そもそも才能について誤解している人がいるので、DaiGoさんの言葉を引用してみましょう。

 

才能とは、努力が苦にならないことだ。

才能とは、努力が苦にならないということだ。自分の持つ才能を見極めるには、努力が苦にならないかどうかを見れば分かる。

努力が苦にならず、むしろ、楽しみながら継続できるのであれば、それは大きな成果につながる。
つまり、あなたにはその活動に対する『才能』があるということなのだ。

 

 

皆様は自分に才能があると思いますか?

「才能 フリー素材」の画像検索結果

 

僕は現在ブログを約340日間程度、毎日更新をしていて、それをいうと「すごいね」とか「頑張ってるね」とか「自分には無理だ」とか言われます。

 

ここで僕が言いたいのは「僕は頑張っているという感覚もなければ、努力しているという感覚もない」ということです。

好きでやってて、気づいたら没頭しているということです。

 

努力を努力と思わなくなったら、それは才能です。

そして、今後は「楽しくないことを頑張る人」よりも、「好きなことだけして生きていく人」に価値が生まれていきます。

 

『自分の才能を見極める一番いい方法』

「才能 フリー素材」の画像検索結果

 

必ず成功する方法がある。それは成功するまで続けることだ。

 

成功法則としてこんなことが言われます。

 

失敗する人は、成功する前に諦めたり、力尽きてしたりしまいます。

 

それ以前に、成功に向かって行動を始めることさえできない人がほとんどです。

 

そんな中、目標に向かってトライして、さらにその努力を継続することができる人は本当に少数派です。

 

「成功するまで続ければ、必ず成功する」というのは説得力があります。

では、成功するまでに続けるために何が必要でしょうか。

 

驚異的な忍耐力があれば確かに有利でしょう。

ただ、それは耐えてる以上はいつか限界が来てしまいます。

 

そう考えると、最強なのは、我慢の必要がそもそもない人。

つまり、努力が苦にならない人。もっと言えばそれを努力と感じない人です。

 

ですから、自分が努力を苦痛と感じない活動があればその活動に天性の才能を持っているということなのです。

 

逆に言うと、自分の才能を見極める一番いい方法は、『努力が苦にならないかどうかを確かめてみること』です。

 

成功するまで楽しみながら継続できるかどうかという観点で自分の可能性を探ってみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA