英語の民間試験に踊らされてるやつら馬鹿すぎ

みなさん、こんにちは!

中山裕貴です!

 

今回は、大学入試共通テストの英語民間試験に踊らされてる生徒、保護者、学校、教師、塾など、みんなバカ。というお話です!

 

ちなみに、
YouTubeも始めましたので、よろしくお願いいたします。

yuki avatar

(画像クリックでYouTube画面に移動します)

 

文部科学省が11月1日、2020年度から始まる大学入学共通テストで活用する予定だった英語民間試験について、「来年度からの導入を見送る」と発表しました。

 

このニュースが話題になっております!

これを受けて、

 

対応が遅い!

ほっとした!

ますます混乱した!

などさまざまな意見があります。

 

ここで言わせてください。

英語民間試験がどうこうで慌てているやつら、全員アホです。

 

馬鹿すぎて笑ってしまいます。

情弱とはこのこと。

 

僕が今、高校生にアドバイスするなら、「大学受験なんて無駄だから今すぐ辞めろ」です。

 

何か明確なプランがあって大学に行くのですか?

学歴は必要!とか意味不明なことを言う人の意見に耳を傾けなくていいです。

 

少し話が逸れてしまいましたが、僕が英語民間試験に踊らされてるやつは馬鹿という理由は一つです。

 

レッド・オーシャンに飛び込む意味がないからです。

レッド・オーシャンとは経営学の用語で、血で血を洗うような激しい価格競争が行われている既存市場のことを指します。

 

英語が得意な人は日に日に増えています。ライバルが多すぎます。

 

それなのに、なぜ英語民間試験で戦おうとするのですか?

頭が悪いとしか言えません。

 

英語が好きで、勉強して力をつけたい!って人は大丈夫です。頑張ってください!

 

しかし、特に英語が好きなわけでもないのに、英語を使った試験で勝負するってなんなの?

 

バカなの?

 

ブルー・オーシャンを探せよって思います。

 

プロ野球選手やメジャーリーガーになるというレッド・オーシャンになることを目指さずに、マイナーなスポーツで一位を目指せ。

 

高校野球、初戦敗退より

マイナーなスポーツで全国3位とかのほうがいいよ。

 

やるのも大事だけど、捨てる勇気も必要です。大学だけが人生じゃないぞ!

 

大学に行くことが当たり前と思ってる親や教師の意見は無視だ!

僕らは好きなことをやって食っていくことが出来るんだから!

 

くれぐれもレッド・オーシャンで戦うバカにならないで下さい。

 

英語の民間試験で騒いでるやつはだいたいバカ。

というお話でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA