就活生必見!!リッツカールトンの面接はこんなことが聞かれる!!

最近、リッツカールトンについて調べまくっている中山裕貴です。

 

そして、面白いお話を見つけました。

 

リッツカールトンでは、入社の際の面接で、こんな質問をされるそうです!

 

就活生必見です!!

 

質問

あなたは今、電車に乗ったとします。

その電車はすごく混んでいるわけではなく、誰も立っている人はいません。

しかし、優先席以外の座席は全て埋まっており、優先席のみ全て座席が空いています。
さて、このとき、あなたはどうしますか??

 

あなたなら、どのように答えますか?

 

大きく分けて、以下の3種類の答えがあると思います。

 

Aさん「優先席なので、座席には座らず、ずっと立っています!!」

Bさん「ひとまず優先席に座りますが、次の駅でご高齢の方や妊婦さんが乗ってきたら
席を譲ります!!」

Cさん「俺はずっと座ってるぜ!この中の誰よりも俺が一番疲れてる自信あるんだぜ!」

 

普通、面接というものは、質問に対する明確な答えなんてないのが一般的ですが、
この質問には明確な答えがあるそうです!!

 

答えは簡単ですね。

 

Aさんです。

 

ここで大切なのはリッツカールトンの価値観です。

先ほどの問題、正解は、「ずっと立っていること」でした。

ちなみに私は、Bさん派で、「ひとまず座るけど、次の駅で高齢の方などが来たら席をゆずる」と答えました。同じように答える人が大多数なんじゃないかなと思います。だってそれで十分じゃん!って思いますよね。

これは、価値観の話なので、正しいとか、間違っているとかいう話ではありません。

ただ少なくともリッツカールトンでは、「ずっと立っている」という価値観を持った人を採用したいわけで、そのくらいホスピタリティ(奉仕精神)を持った人こそが一流ホテルに相応しいと考えています。

もっといえば、リッツカールトンの社長は、
世の中すべての人がAさんのように「ずっと立っている」という価値観を持ってほしい!と考えているはずです。

確かに、世の中の全員がそういう価値観を持つことができたら、素晴らしいことですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA