質問:光速の90%の速さで投げられたら野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?

質問:光速の90%の速さで投げられたら野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?

 

みなさん、こんにちは!

中山裕貴です!!

 

今回はめちゃくちゃ面白い本を紹介したいと思います。

 

その名も

『ホワット・イフ』

 


ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか

 

この本はランドール・マンローという人のウェブサイトに寄せられた突拍子もない質問を、科学的に答えてくれる「笑って、ためになる科学本」です。

 

質問:光速の90%の速さで投げられたら野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?

さて、冒頭の質問に戻りましょう。

 

光速の90%の速さでボールを投げたらどうなると思いますか?

 

結論

「いろいろなことが起こる」

らしいです(笑)

 

しかもこれはピッチャーにとってもキャッチャーにとっても気の毒な結果になる。しかも、超短時間のうちに。

 

そもそも、どうやってそんなスピードでボールを投げるのかは置いておこうという注意書きまである(笑)

 

 

スピードがスピードなので、空気中の分子でさえも静止している状態だという。

普通、空気中に何かが運動するとき、空気はその物体を避けるようにして流れる。

 

しかし、光速の90%の速さだと分子がよけれない。

 

その結果どうなるか。

 

ボールは分子に激突し、空気分子はボールの表面と核融合するのだという(笑)

 

 

約70ナノ秒後、ボールはホームベースに到着する。

このときバッターには、ピッチャーがボールから手を離すところすらまだ見えていない。

 

どういうこと?(笑)

 

なぜなら、この情報を運んでいる光は、ボールとほぼ同時に到着するからだという解説。。

 

ホームベースに到着すると、まずバットにぶつかり、続いてバッター、ベース、キャッチャーが巻き込まれ、崩壊し、微粒子となる。。。(笑)

ここまでが最初の1マイクロ秒に起こるらしい。

 

あなたが、この現場を丘の上から見てるとしましょう。

 

最初に見えるのは、太陽よりはるかに明るい光だ。しかし、この光は2,3秒で収まります。

次に火の玉が膨張したかと思うと、やがてきのこ雲になって空に伸びていく。

そして、轟音とともに爆発が起こり、木々はずたずた、家屋は粉々に破壊されるらしい。

 

そして、球場の1.5キロ以内にあるものも、全部潰れ、周辺は猛火にさらされる。

 

つまり、

 

質問:光速の90%の速さで投げられたら野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?

 

爆発が起こり、いろいろ大惨事となる。らしいです。

 

 

そして、この本の面白いところですが、

まとめとして

 

メジャーリーグベースボール規則6.08(b)によると、この状況ではバッターは「死球」を受けたと判断され、一塁に進むことができる。

と書かれています(笑)

 

一塁吹き飛んでるわっ(笑)

 

と思わず突っ込んでしまうくらい、笑ってしまいました。

 

あとは、世界中の人間が一斉にジャンプしたら?

とか、

ランダムに電話して、くしゃみした直後の人にかかる確率は?

 

など気になるバカげた質問に真面目に答えてくれます。

 

世界中の人間が一斉にジャンプしたらの結果も面白いですよ。


ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか

 

大人も子どもも楽しめる一冊となっております!!

 

関連書籍で


とんでもない死に方の科学: もし○○したら、あなたはこう死ぬ

も出しておきますね😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA